スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
硫黄島からの手紙
2006/12/09(Sat)
(´・∀・`)
こんばんは~もりぞうです!

今日も昨日に引き続き、法則系について書きます!
と宣言していたのですが・・・明日にしたいと思います。
なぜかというと、今日は映画を見てきたからです。

では今日見た映画について話します!
本題へ~~~!


 
2006年12月9日公開
硫黄島からの手紙を観てきました。

大体こんな映画!
第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる
「硫黄島の戦い」を、日本側の視点から描いた戦争映画。
硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である
栗林忠道と彼の部下たちによる死闘が描かれています。

個人的評価~
戦争の悲惨さ、悲しさ、無意味さといったことを感じました。
平和すぎるからこそ、日本人は見たほうが良い映画かもしれません。
そういった意味で~いいとか、悪いとか言う感じではありませんでした!
以上のことから個人的評価は「5」です!

年末は映画ラッシュでいいですな~
そうそう、本編が始まるまでのCMみたいな所で
ハリーポッターが来年の7月に公開されるというのを見ました~。
今から楽しみです!

明日はちゃんと法則系いきます!
ではまた明日!(ノ∀`)
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<波長の法則 | メイン | カルマの法則>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/09 22:03  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
ハリーポッターってまだやるんだ・・・
エラゴンは見に行くかもしれん
2006/12/09 22:51  | URL | MAメ #xsUmrm7U[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://killtime1988.blog82.fc2.com/tb.php/42-59c67eb4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。